西武山口線の思い出











寒いと外へ出るのが億劫になり、

出ても写真を撮ろうと思う気が失せてしまうワタシがいます・・ ^^);






ということで、

今日は以前撮ったものをUPします。











昭和59年(1984)

西武山口線を走っていた ちょっと小さめの汽車ぽっぽです^^

普段は蒸気機関車ではなかったので、これはなにかの催しだったのでしょうね。


(生憎と、ワタシは特に鉄道ファンという訳ではないのでこの方面には詳しくありません ><)










717-2.jpg




ネガが少し変色してますのと フィルムのカウリングがありますが 悪しからず^^




717-3.jpg









この頃はまだ西武ドーム球場もありませんでしたし、

所沢も今みたいに高層ビル・マンションが林立するようなこともなく 

焼き団子の美味しい のんびりした街でした(^^)






撮影カメラは FUJICA GS645W  
広角レンズが付いてて(35ミリ換算で28ミリ位) ピント合わせは目測式でしたね。

ブローニーフィルムを使うカメラにしては軽くてどこへでも手軽に持って行けたので使ってたが、
シャッターストロークが深く、そこだけは違和感があったせいかいつの間にか手放してました。。

使ってる人を見た事が無かったので あまり売れなかったのかも、、、多分、、、



・・・写真は 思い出の宝庫ですね(^^)v








0122-1.jpg
(カメラの画像はwebからお借りしました)

















寒波











P1000881-2M.jpg





今日は 今にも雪が降りそうな天気です



寒さはこれからが本番


体調に気をつけて冬を乗り切らないと、、 ですね


















陽のあたる場所











0112-1.jpg





0112-2.jpg






0112-4.jpg






正月も終わり、1月も中旬入り。


空気は冷たく寒いけど 天気は上々なので近所を散策 


日だまりが恋しい季節ですね^^

















ウィンドー








ぶらぶら歩いていると


色んなものが目に入ってくる(^^)











0109-4_201401110917395b0.jpg




0111-1.jpg




0111-2.jpg12月 都内







昨日あたりから 又一段と寒くなってきました


地球温暖化とか言うのは どこへ行った?・・ ^^w




















ひとり









0110-1.jpg









ここは近所のスーパーの中の無料お休み処。




ここでは備え付けのお茶も自由に飲めるが このご老人はペットボトル持参で


片隅の方でおにぎりを一人もそもそ食べていた。







近頃はこういう一人の方を時々見かけるが


今後ますます高齢化が進んでくるとこういう光景は当り前になるのでしょう。。





・・・何年か後の 自分の姿か・・(^^);


















冬の はな









外は冬晴れ、無風状態。



陽が差している所はわりと温かいので ぶらり散策(^^)











0107-1.jpg
葉牡丹は花なのだろうか・・・^^;




0107-2.jpg






1225-2.jpg
コスモスがまだ残っていたのには ちょっと驚き!












 








寒い中 近所を歩いてみる









0104-8.jpg




0104-7.jpg




0104-6.jpg







外は寒いので 冬はあまり外へ出たくない。。 


なーーんて言ったら 毎日仕事でいやでも外に出なきゃならん方に怒られそうですの ^^);






・・・ほんと言うと、お金なんて使うのを少なくすればそれほど働かなくてもいいんだけどね


こんなこと言っても、今迄さんざん刷り込まれ洗脳されて来た頭では理解不能だよねぇ ^^w




















日向ぼっこ








0104-3.jpg








0104-2.jpg








遅ればせながら


明けましておめでとうございます。







いつもこんな所にお立ち寄り下さいます方々、ほんとに有難うございます。


今年も相変わらず他愛もないスナップ写真を マイペースで貼り付けていく予定です。


暇~~で 何もやることが無い時にでも 又お立ち寄りくださいまし(^^)











平和で、健康に過ごせる楽しい一年でありますように